心臓ドックや在宅医療など健康を支えるヘルスサポーター

医者

病気と向きあう

医者

仕事が原因で自律神経失調症になったことがあります。その時の症状は心臓が激しくドキドキしてしまう激しい動悸や、人まで字を書こうとすると手が震えてしまいまともに字が書けなくなったので、心療内科に行きました。

詳しく見る

鼻通り快適

医者

鼻づまりをきちんと克服していくには、基礎的な観点を非常に大事に確認していくことが不可欠です。できることを実践して、健康な状況へ近づけるような方向に持っていければ、輝かしい未来も自ずと開けていくのです。

詳しく見る

在宅医療を受ける

医者

世田谷区で導入されている在宅医療には色々と種類があるため、フルセットになっているクリニックを利用するとお得に治療が受けられます。利用については午前中が午後に申し込むという工夫をすると良いです。

詳しく見る

上手な活用方法

心臓ドックを単独で受けることが出来る病院をお捜しの方は、こちらが参考になるので一度ご覧ください!

世田谷区では在宅医療を行っている医療施設もあります。神経内科から透析、在宅訪問も行っているので必要な人は相談してみてください。

クリニックの心臓ドック

中年

40歳以上の中高年になると、心臓や血管に関連した疾患が増えるので注意が必要です。そこで早期に病気の兆候をつかんで、適切な治療を受けたり生活指導を受けたりするべきでしょう。そのためには循環器系のクリニックの心臓ドックを活用することで、誰でも病気の早期発見と早期治療が実現可能です。また循環器系のクリニックでは心臓ドックの様々なコースを用意しているので、予算や検査目的に合わせて最適なプランを予約するべきです。特に高血圧や糖尿病などの諸症状がある場合には、脳ドックもセットで検査するのがポイントです。また肥満気味であったり、喫煙の習慣があったりする場合には、脳ドックに加えて動脈硬化や肺の状態の検査も合わせて受けることで、健康状態を的確に把握できるメリットが大きいです。

検査データの有効利用

心臓ドックの検査で病気が見つかった場合には、必要に応じて適切な治療を受けることが大切です。特に症状が重い場合には、クリニックからの紹介で、入院や手術にも対応可能な病院で治療を受けるべきです。また比較的症状が軽い場合には、心臓ドックの検査データを活用しながら、必要な投薬や生活指導を受けるのが理想的です。また複数の生活習慣病を抱えている人の場合には、特に心臓疾患と同時に脳梗塞などの脳疾患への注意も必要です。また心臓疾患や脳疾患は継続して投薬などの治療を受けることも重要であり、定期的に検査を受けて健康状態を把握するのがポイントです。そこで健康状態に不安がある場合には、1年に1回心臓ドックを受診して、そのデータを将来的にも有効に活用するべきでしょう。